«前の日記(2017年04月03日) 最新 次の日記(2017年05月09日)» 編集

日々をアレコレ

-広告-


2017年04月09日

Windows10 IoT Core on Raspberry Pi2で日本語音声認識をする

Raspberry Pi2にインストールしたWindows10 IoT Coreで音声認識で日本語パッケージを追加できるようになったということを聞き、早速試してみた。基本的なところは、Windows 10 IoT Core の Anniversary Update で日本語音声合成しちゃいました – DevWire (2016/9/26) – DevWire 組み込み業界必読の無料ニュースレターのまとめ を参考にした。

まず、最新のRelease版Windows IoT Coreのイメージを作成する。これは、IoT Dashboardを使ってMicroSDカードにビルド15063のイメージを書き込んで、Raspberry Pi2に挿して起動すればひとまず準備完了。

次に、日本語の音声認識のエンジンを取得するためのパッケージを取得する。こちらは、Windows 10 IoT Core Packages from Official Microsoft Download Center をダウンロードして、ISOファイルにあるWindows_10_IoT_Core_ARM_Packages.msiを実行して、PCにパッケージをインストールする。インストール先はデフォルトで C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\MSPackages\retail\arm で、 C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\MSPackages\retail\arm\fre\Microsoft-Windows-OneCore-Microsoft-SpeechData-ja-JP-Package.cab をUSBメモリなどにコピーしておく。PowershellでRaspberry Pi2に接続して、次のようなコマンドを実行。

# ドライブの確認。サイズなどを参考にUSBメモリのドライブレターを確認する。
> gdr
# USBメモリのドライブをE:としてコピーをする。
> copy E:\Microsoft-Windows-OneCore-Microsoft-SpeechData-ja-JP-Package.cab C:\
# Cドライブに移動
> cd C:\
# パッケージを適用
> applyupdate -stage Microsoft-Windows-OneCore-Microsoft-SpeechData-ja-JP-Package.cab
# パッケージを更新
> applyupdate -commit

完了したら、Raspberry Pi2を再起動すれば、日本語の音声認識や音声合成などがインストールされた状態になる。

最後に、アプリの中で音声認識の言語を選択する方法について。こちらは、簡単で SpeechRecognizer のインスタンスを生成する時に Windows.Globalization.Language を渡せばいいので次のようにする。

var recognizer = new SpeechRecognizer(new Language("ja"));

この recognizer を使って音声認識をすれば、日本語の認識をできるようになる。


-広告-

«前の日記(2017年04月03日) 最新 次の日記(2017年05月09日)» 編集