«前の日記(2017年03月22日) 最新 次の日記(2017年04月03日)» 編集

日々をアレコレ

-広告-


2017年03月28日

STM32F429 Discoveryで.NET Microframeworkを動かす

スイッチサイエンスさんでDiscovery kit with STM32F429ZI MCUが販売されるようになった。これまでよく売られていたSTM32F407 Discoveryと違って、STMicroelectronicsが.NET MicroFrameworkに対応するファームウェア を公開しているボードで、DigiKeyとかでしか日本では変えなかったもの。送料とかの問題でそこに手を出すのは面倒だなーって思っていたところで、今回のスイッチサイエンスさんでの販売なので、早速購入して環境構築したのでメモ。

まずは、ファームの更新から。

  1. STM32F429 Discovery向けの.NET MFファーム をダウンロード。
  2. STM32 ST-LINK utility をインストール。
  3. STM32F429 Disoveryのmini USB側で接続して、ST-LINK utilityを起動して、Target > Connectを選択。
  4. さらに、Target > Program & Verifyを選択。
  5. File Pathにダウンロードしたファームのzipを解凍した中から「NETMF_Binary_Image\Tinybooter.hex」を選択して Startボタンを押す。

ひとまずはここでファームの更新を完了する。

次に、開発環境を用意する必要があるんだけど、ここで注意が必要。ここで書き込んだファームって、.NET MFのバージョンが4.3.0.0でちょっと古い。具体的に言うと、.NET MF SDK 4.3(RTM) というバージョンのSDKをインストールする必要がある。最新が .NET MF SDK v4.3 (QFE2-RTM) で、4.3.1.0になるので、すでにそちらをインストールしてる場合は、バージョンが違うのでデプロイに失敗する。さらに、この.NET MF SDK 4.3(RTM)をインストールするには、Visual Studio2012がインストールされてる必要があるので、次の2つをインストールする。

すでに新しいバージョンの.NET MF SDKをインストールしてる場合は、インストールパスを変えておくほうがよさげ。

次に、STM32F429 DiscoveryのminiUSBで接続したまま、microUSBでもPCに接続する。その上で、MFDeployを起動して次の手順を実施。

  1. Deviceのコンボボックスで「USB」を選択する。すると、よこに「STM32F429I_DISCOVERY_a7e70ea2」と表示されるのを確認。
  2. Image FileのBrowseボタンを選択して、ダウンロードしたファームウェアの次の2つのファイルを選択。

    • NETMF_Binary_Image\ER_CONFIG.hex
    • NETMF_Binary_Image\ER_FLASH.hex
  3. Deployボタンを押す。

これで、Visual Studio 2012 Expressから「.NET MicroFramwork」から開発ができるようになる。

新しい2013以降のVisual Studioで開発できるかは未確認。


-広告-

«前の日記(2017年03月22日) 最新 次の日記(2017年04月03日)» 編集